失敗した!変更したい!WordPressインストール後にディレクトリやサイトURLをやっぱり変えたい時の方法まとめ

WordPressをインストールした後に、「やっぱりサイトのURLを変えたい」「ドメイン直下ではなくサブディレクトリで管理したい」「URLもインストール先ディレクトリも移動したい」なんて事になる時、結構あったりします。

まだ全く設定も記事作成もしていないなら再インストールした方が早いかもしれませんが、色々作業を進めてしまった後だと、またインストールし直して作業するのは面倒すぎますよね・・。

しかし、そこはWordPress。後からでも変更や移動ができるような作りになっています。ファイルをコピペするだけでOK!・・とまでは行かないですが、いくつかの設定をするだけでOKです。ケース別に手順をまとめてみましたので、ご参考に。

その1. WordPressファイル一式をドメイン直下ではなくサブディレクトリで管理したい時の手順

サーバー上でWordPress以外のファイル(配布用コンテンツや別システムなど)も運用している場合、ドメインのルートディレクトリ(例えばXServerなら /example.com/public_html)に直接WordPressをインストールしてしまうと、ファイルが散乱してしまう事になります。

wordpress-install-change_001
(ごちゃごちゃ・・)

WordPressでは、ファイル一式をインストールするディレクトリの階層と、サイトTOPページのURL階層を、別々にする事ができます。なのでこういう時は、WordPressファイル一式をサブディレクトリ(「wp」など)にインストールし、サイトTOPページはドメイン直下にする、という事が可能です。下のような感じ。

<旧>

ファイル一式の
インストール先ディレクトリ
/example.com/public_html
サイトTOPページ http://example.com

<新>

ファイル一式の
インストール先ディレクトリ
/example.com/public_html/wp
サイトTOPページ http://example.com

手順については、WordPress Codex(WordPressの公式マニュアル)の「3. ルートディレクトリにインストール済みの場合 | WordPress を専用ディレクトリに配置する」に記載されていますので、この通り進めればOKです。

<手順概要>

  1. WordPressファイル一式を置くためのサブディレクトリを作成する
  2. WordPressダッシュボードの『設定』ページで、「WordPressのアドレス(URL)」を作成したサブディレクトリに合わせる
  3. WordPressファイル一式を、作成したサブディレクトリに移動する
  4. index.php.htaccessファイルをコピーし、index.phpの中身を1行だけ修正する
  5. パーマリンク設定を更新する(不要な場合もあり)

その2. サイトURLもサブディレクトリになってしまったので、ドメイン直下のURLにしたい

上とは逆のような感じですが、WordPress本体はサブディレクトリにインストールしたけれど、サイトURLもサブディレクトリと同じ階層になってしまった場合です。

例えばWordPress本体を「/example.com/public_html/wp」にインストールして、サイトURLが「http://example.com/wp」になっているけれど、本当は「http://example.com」で表示したい!という場合です。

<旧>

ファイル一式の
インストール先ディレクトリ
/example.com/public_html/wp
サイトTOPページ http://example.com/wp

<新>

ファイル一式の
インストール先ディレクトリ
/example.com/public_html/wp
サイトTOPページ http://example.com

この場合の手順も、WordPress Codex(WordPressの公式マニュアル)の「4. 既存のサブディレクトリを使ってルートディレクトリに表示する場合 | WordPress を専用ディレクトリに配置する」に記載されていますので、この通り進めましょう。WordPressファイル一式の場所は変わらないので、上より手順は簡単です。

<手順概要>

  1. WordPressダッシュボードの『設定』ページで、「サイトのアドレス(URL)」をルートディレクトリのURLに変更する
  2. index.php.htaccessファイルをコピーし、index.phpの中身を1行だけ修正する
  3. パーマリンク設定を更新する(不要な場合もあり)

その3. 同一ドメインで、サイトURLもインストール先ディレクトリも変更したい

今度は、インストール先ディレクトリもサイトURLも変更するパターンです。

例えば「http://example.com/blog」にインストールしたけれど、やっぱり「http://example.com/diary」にしたい!といった場合です。

この場合は結構簡単で、以下の手順でOKです。

  1. WordPressダッシュボードの『設定』ページで、「WordPressのアドレス(URL)」と「サイトのアドレス(URL)」を両方とも、新しいアドレスに変更する(http://example.com/blog -> http://example.com/diary)
  2. 一旦ログアウトし、サーバー上のディレクトリ名を変更する(「blog」 -> 「diary」)
  3. 再度ログインし、パーマリンク設定を更新する(不要な場合もあり)

注意点

本記事の方法でサイトのURL構成を変えた場合、当然ですが各ページのURLが変更になります。

その場合、一番の問題として「各記事に設置したソーシャルボタンのカウント数がリセットされる」事が挙げられます。また、その他「URLのリダイレクト設定」「Search Console(旧ウェブマスターツール)の設定」なども適切に設定する必要があります。

なので、既に長期間運用しているようなWebサイトの場合、こうしたデメリットを考慮して本当にURLを変えるべきかを考えた上で、実施するようにしてください。

まとめ

以上、3つのパターンでWordPressのインストール先ディレクトリやサイトURLを後から変更する手順についてご紹介しました。

「あれ、後から変更する時どうするんだっけ?」と思った時は、ぜひ本記事の事を思い出してあげてください。ではでは。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA