限定コンテンツを配布!MyASPの「会員サイト」機能が便利

メルマガ読者や無料オファー登録者限定で、PDFや動画などのコンテンツを配布したい・・というケースはよくあると思います。

特定の人が限定で見られるようにするためには、ログインやパスワード保護の仕組みが必要になります。ログイン情報やパスワードを知っている人だけが、Web上のページを閲覧したりコンテンツをダウンロードしたりできるような仕組みです。

ログインが必要なWebサイトを作成するのはやや専門的な知識が必要で難しいですが、MyASP(マイスピー)には「会員サイト」機能があるのでこちらを使ってみるのも手だと思います。

MyASP「会員サイト機能」はスタンダードプラン(月額10,800円)以上から利用可能です。

MyASP以外で会員サイト(ログイン)の仕組みを手にいれる方法

まず最初に、MyASPを使わず会員サイト(ログイン)の仕組みを導入する方法についていくつかご紹介します。こちらの知識もあった方が、比較もしやすいと思いますので。

WordPressの「記事パスワード保護」機能

既にWordPressで構築されたブログやWebサイトをお持ちであれば、ブログ記事にパスワードを掛けるだけで、簡単にパスワード保護されたページを作成することが可能です。

使い倒す!WordPress「記事パスワード保護機能」活用術

ただ、配布するコンテンツが多い場合は、閲覧し辛かったり管理が面倒だったりするので不向きかもしれません。

Vimeoの「パスワード保護」機能(有料プラン 5USドル/月〜)

こちらは動画配信限定ですが、動画配信サービス「Vimeo」を使う方法です。

上のWordPress「記事パスワード保護」と似ていますが、Vimeoの有料プラン(月額5USドルくらい)ではVimeoへアップロードした動画にパスワード保護を掛けることができます。

Youtubeだとこうした機能が無いので、例えば会員サイトでYoutube動画を限定公開すると、Webの技術的な知識がある人には自由に動画URLを取得されてしまう恐れがあります。

Vimeoであればこうした心配が無くなるので、動画コンテンツを中心にしている方は選択してみる価値があるかと思います。

Vimeo公式サイト

WordPressの「会員サイト」プラグイン

さらに、WordPressプラグインを使って「会員サイト」そのものをWordPressで構築してしまう方法もあります。こちらは技術的な知識も必要になりますが、もっとも拡張性の高い方法と言えます。

ただし、サーバー/ドメイン/SSLなど、月額コストも多少発生してきます。

当ブログでも、会員サイト構築で最も多く利用されているWordPressプラグイン「Theme My Login」についてご紹介している記事がいくつかありますので、参考にしてみてください。

パターン別『Theme My Login』その他を利用した会員サイト構築のアイデアまとめ

【Theme My Login 設定&モジュール徹底調査】1. 基本設定編

MyASP会員サイト機能のメリット

さて、それではMyASP(マイスピー)の会員サイト機能とはどのようなものなのか?どんなメリットがあるのか?ご紹介したいと思います。

ボタン1つで簡単作成

MyASP上で会員サイトを作るのは、非常に簡単です。

「初期化」ボタンを押すだけ。笑

たったこれだけで、以下のようなデザインの会員サイトを自動で生成してくれます。HTMLやCSSの知識も不要なので、すごく簡単ですね。

ログインページ

会員サイト – TOPページ

会員サイト – 記事ページ

読者登録時に自動でログインパスワードを発行

会員サイトはMyASPのシナリオごとに用意するのですが、会員サイトを初期化しておくと、各読者が登録フォームから登録した際に各読者へパスワードを自動で割り当ててくれます。

パスワードは登録時の自動返信メール内に差し込むが可能なので、ログイン情報の発行もすべて自動で行なえて便利です。

置き換え文字を差し込んでおけば、読者ごとに設定されたパスワードなどに自動変更してくれる

ブログ感覚で記事の投稿が可能

会員サイトは、ブログと同じように管理画面から記事の投稿が可能です。

カテゴリー分けなども出来るので、ブログに慣れている方ならすぐに運用できるかと思います。

ステップ式公開が可能

MyASPの会員サイトが最も面白い点は、ステップメールと連動できる点です。

たとえば、ステップメールでは各読者の登録日時を起点として、

・1日後に1つ目のコンテンツを配布
・4日後に2つ目のコンテンツを配布
・7日後に3つ目のコンテンツを配布

という感じで徐々にコンテンツを配布していくような事をする場合も多いと思います。

これを、会員サイトの記事にも設定することができるんです。

・1日後に1つ目のページを閲覧可能にする
・4日後に2つ目のページを閲覧可能にする
・7日後に3つ目のページを閲覧可能にする

という感じですね。アイデア次第で色々出来て面白いんじゃないかと思います。

(もちろん、登録日時に関係なくログインすれば誰でも見られるページを用意することも可能です)

HTML/CSSでカスタマイズできる(上級者向け)

こちらはWebの技術がある上級者向けのお話になりますが、MyASPの会員サイトはHTMLやCSSを結構自由にいじることができます。

なので、知識さえあれば自分だけのオリジナルデザインやレイアウトで会員サイトを用意することができます。個人的にはこれが一番ビックリした機能です(笑)ここまで出来るようにしているんだ、と・・。

需要があれば、僕の方でMyASP会員サイト専用のHTML/CSSテンプレートをいくつか用意してみても良いかなと思ったりしています。

HTMLファイルを修正したり、新たにアップロードしたり・・

まとめ

以上、MyASPの「会員サイト」機能についてご紹介しました。

MyASPで会員サイトを利用するとなると、月額10,800円以上のプランになるので、月毎のコストはどうしても上がってしまいます。

ただ、WordPressで会員サイトを用意するにせよ、Vimeoを利用するにせよ、ログイン機能やパスワード保護機能を利用するにはある程度のコストが掛かってきます。

今回ご紹介したMyASP(マイスピー)はあくまでメール配信機能がメインとなりますので、メール配信などはMyASPで行ない、会員サイト機能はWordPressやVimeoなどの別サービスで用意する・・という選択肢もありだと思います。

どれが最適なのかはビジネスモデルによって様々ですので、コストと機能を比較しながら最適なものを選んでみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA